インターネットに頼りきりにならずに上手に活用しましょう

インターネットとは、コンピューターとコンピューターをつなぐ回線、ネットワークのことを言います。
今や全世界がこのネットワークでつながっており、電子メールはもちろん、スカイプといってお互いの顔を見ながらテレビ電話のように話ができるようになりました。
回線がつながり、対応できるパソコンがあれば、たとえ海外でも無料でできるという画期的な仕組みになっています。
このスカイプを利用してカウンセリングや英会話の通信教育、学習塾の指導もすでに行われており、まだまだ視野が広がってあらゆる方面に活躍してくれそうです。
インターネットの普及によって、クリック一つで買い物も銀行も飛行機のチケットの予約も簡単にできるようになりました。
24時間どこにいても回線がつながる環境にいれば、生活に必要なものはすべてそろい、友人とのコミュニケーションもとれるので、寂しいことなく、何不自由なく生活していけます。
最近はスマートフォンが普及しており、手のひらサイズの機器の中から、全世界がつながっていると言っても過言ではないでしょう。
しかし、裏を返せば、パソコンやスマートフォンが故障してしまったり、回線がつながらない状況になったときに、すべての昨日が停止してしまうという怖さがあります。
家族や友人の電話番号やメールアドレス、目的地までの地図、銀行のキャッシュカードの暗証番号にいたるまで、パソコンやスマートフォンに入れて管理している人が多く、それなしでは何一つできない状態でパニックに陥ってしまう事もあります。
ここで大切なのは、インターネットを時間の短縮や人との交流などに大いに活用するのはよいのですが、それに頼りきるのではなく、回線がつながらない環境に行ったとしても行動できるように心掛けておくことです。
確かに、今の時代に生きていくのにはインターネットは必要ですが、上手に活用して、たまには何もない場所で一息いれてみるものよいのではないでしょうか。